ゴルフでプレーヤーを悩ませるのは、バンカーショットと、風の向きでしょう。いずれも難しいです。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

紳士のスポーツ、ゴルフ

ゴルフの難しいプレーについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフのプレーにおいて、しばし難所にボールが行ってしまうことがあります。芝の深いラフも、そこから次のアプローチを打つのが難しいですが、プレーヤーにとってさらに厳しいのが、バンカーに捕まってしまった時です。

バンカーショットは、とにかく次の一打でボールをバンカーから出すことを最優先で考えるべきなのです。上手く打って距離を出そうと色気を持つと、失敗してバンカーから出せず、一打を無駄にしてしまいます。ボールを打たず、ボールのまわりの砂を叩いて、砂と一緒に外に出すようにすればいいのです。とはいえ、特に素人の場合は非常に難しいです。原因は練習の不足にあるとも言えます。バンカーショットの練習をする場所がないのです。ティーショットなら、家の近所の打ちっ放し練習場に通えば出来ます。また、パットなら自宅でも出来ます。しかし、バンカーショットは、実際のコースに出て、捕まってしまった場合にしか打つ機会がないのです。

また、上空の風の読みも素人には難しいです。テレビのゴルフ中継で、レポーターが足もとの芝を抜き、風向きを視聴者に見せようとして抜いた芝を頭の上で放つと、全部自分の顔にかかってしまったという事例もあり、風向きというのは目で見ても分からないものなのです。


Copyright(c) 2017 紳士のスポーツ、ゴルフ All Rights Reserved.